2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

なおこの部屋

園芸

2016年5月19日 (木)

伊奈のバラ園

5月18日、今年も元気で伊奈のバラ園に来られたo(*^▽^*)o
昨年と同じことが出来ることに感謝しなくてはいけない年齢になってしまったのかな。
例年になく、介護施設の送迎車が目につきました。お年寄りが嬉しそうにバラを見たり、ソフトクリームを食べたりしている姿を拝見して、来年もご一緒出来ると良いなと思いながら、私たちもバラのソフトクリームを美味しくいただきました。
バラは昨年同様、綺麗に咲いていて、撮影意欲をUPさせてくれました。中々、撮影結果に結びつくことは少ないのですが~。
P1080525_640x480_2P1080493_640x479_3

P1080497_640x483_3P1080508_640x480_2

P1080519_2_640x482P1080501_640x480

P1080544_640x480P1080555_640x480

2016年4月 8日 (金)

お庭のアケビ

マイホームを購入したと同時に、お庭に植えられたアケビ。
雄雌一対でないと実が付かないと言って、父がお取り寄せをして定植してくれました。父が亡くなって28年経ちますが、アケビの花が咲く度にその時の父の姿を思い出します。
アケビの花は一輪ずつ個性的。
雨の日のお花が素敵だなんて、写真を撮るようになるまで気が付きませんでした。

P1080189_640x481

P1080176_640x480

P1080184_640x480

P1080171_640x479

P1080173_640x479

P1080175_640x480
P1080199_640x480




















2013年8月 7日 (水)

今年も咲きました。

今年も朝顔の花が咲きました。
紫系とブルー系の大きめな花です。
お向かいのお嬢さんが、亡くなったお母さんが残した種を播いて育てた苗を、ご近所数件に分けてくれたのがきっかけで、毎年種を採っては育てている朝顔です。
ご近所さんと、種播いた? 芽が出た? 蕾が付いた?などと話しながら育てています。
気のせいか今年は、例年より色鮮やかに、大輪の花が咲いたような気がします・・・・・・。
Cimg3578_640x360_3 Cimg3581_640x360_3          

Cimg3580_640x360_2

Cimg3583_640x360_2

おまけの一枚・・・太郎君のお昼寝姿Cimg3575_640x360

                                                 

2012年10月29日 (月)

紫陽花が紅葉して

我が家の紫陽花が紅葉しました。

夏の間は薄青い花でしたが、何本か切り残して置いた花が綺麗に紅葉して、ご近所さんに楽しんで頂いています。

なぜ花が枯れずに紅葉したのか、ネット検索しましたが分かりませんでした。

どなたか教えてください。Cimg1378_800x600

2012年4月18日 (水)

アケビの花が咲いた

庭にアケビの花が咲きました。
同種類のアケビでは実が成らないので2種類のアケビの苗を植えました。
苗の種類は分かりませんが、花を見ると、色の濃い花と、薄い花が咲いています。
何とも可憐な花が棚一杯に咲いています。
秋になると甘い実がなります。アケビの実は殆ど種ばかりで、若いころはあまり食べませんでしたが、最近はじっくりと口に含んで、甘さを楽しむようになりました。
優しくて柔らかい甘さです。
皮は炒め物やてんぷら、みそを詰めた焼き物にして食べます。
中身とは大違いでほろ苦い味です。
花より団子の話になってしまいましたが、写真で花をご覧ください。

Cimg0013_800x600 Cimg0016_800x600 Cimg0010_800x600

2012年3月30日 (金)

シュンランが咲いた

庭の木陰の下で「シュンラン」が咲きました。

30数年前に、実家の「シュンラン」を株分けして一鉢持って帰りました。
毎年可愛らしい花を咲かせて楽しませてくれます。
しかし、最近は花数が少なくなるのが気になります。
この「シュンラン」は一緒にお嫁入りしたようなものですから、大切に育てて行かなくてはね。
植え替え時期になったら、今年は飛び切り良い肥料を使って植え替えしようと考えています。

シュンランの別名はホクロ(花に斑点がある為)又はジジババ(外花と内花の様子から)。学名はCymbidium goeringii。
花はてんぷらや酢の物、塩漬けにして花茶としておめでたい時に飲まれたそうです。根は乾燥して、ひび割れやあかぎれの薬として使われたそうです。

Gakubutiran_2