2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

なおこの部屋

生活

2020年5月25日 (月)

もう戻れない?

コロナウィルスの影響で,世界中の生活形態が一変してしまい、
突然、マスクやトイレットペーパーが店頭から消え、不安から食料品の買い溜めに走ったりしているうちに、緊急事態宣言が発令され自粛生活が始まってしまいました。
全ての予定が中止になり、カメラを持っての撮影も何となく気が引けて遠慮しています。
こっそりとiphoneでお花など撮影していますが・・・・・。
下記の写真は、去年の4月~5月に撮影した写真ですが、3蜜もなく楽しそうに集う姿が遠い昔のように思われます。

                   新宿御苑で仲良く甘酒を飲んでいました。

Img_9955_r_20200525124901

根津神社のつつじ祭りが盛大に開催されていました。
Img_9975_r_20200525124901

恵比寿ガーデン広場でのイベントに、大勢の人が参加していました。
Img_0141_r_20200525124901

飛鳥山公園のアジサイ、お揃いの浴衣で散策していました。
Img_0683_r_20200525124901

昭和記念公園でフリスピーやかけっこをして楽しそうでした。
Img_0070_r_20200525124901
1_r_r
緊急事態宣言が解除されても、コロナに感染しないためにより一層の自粛生活を続けなければと思っています。
過去形ではなく、カメラを持って撮影できる日が来ることを願っています。




 

 

 
















2020年4月13日 (月)

暇つぶし

自粛生活もだいぶ慣れてきたような気がします。
今のところ、コロナウィルス感染の兆候もなく普通に生活できることに感謝です。
医療従事者の皆様は、感染のリスクと闘いながら過重労働を担って居られるます。
知り合いの医療従事者の方は、埼玉県は医療崩壊寸前だと言っています。
少しでもお役に立てることはないかと思ってみても、陽性にならないように自粛生活をすることしか手立てだありません。
手作りマスクを作りたくても、材料が手に入りませんし、買い物に行くだけで感染のリスクが高まります。
達成感のない生活を続けていると、心身に悪影響が出てくる気がして、簡単な編み物を始めました。
ダイソーで、昔のリリアン編みのような編み機を100円で買って、毛糸も100円で買って、帽子を編んでいます。
2日~3日で編めてしまうので、達成感抜群です。
迷惑を掛けないように生活しなくてはと、願うばかりです。
Img_0585_r
1玉半位で普通サイズの帽子が完成します。
Img_0590_r
猫ちゃんもお気に入りの手触りの良さです。
Img_0589_r

2013年5月 5日 (日)

猫らと私

この所、ブログを更新する暇があるような無いような生活をしていまして~
取り溜めた写真をUPしました。

分からないまま発車してしまったFacebookでしたが、講座に参加して多少理解できたのかな・・・・・先生御免なさい。1
主人の母から緊急の呼び出しがあり慌てて栃木の黒羽まで行ったのですが、お元気でお茶をご馳走になりました。安心!!でもなぜ??
黒羽町は旧那須街道で古い家が多くて風情のある街並みです。
代表して、銀行を撮影して来ました。5
連休は国際フィーラムのイベントを見に行って来ました。
久々の人混みにびっくりです。
美味しい竹田商店のセロリソースを求めてB5へ直行です。4
連休は猫らものんびりムードです。
お寝坊をしている太郎君7
一匹で張り切っているリバーちゃん6
ツーショットのルルちゃんと太郎君8
菜園から摘んできたカモミールの花が、お部屋の中でほんのり良い香りです。2
連休が終わると一年の一区切り、仕切りなおして残りの一年を頑張らなくては~。

2013年3月 3日 (日)

お雛様

今日は3月3日の雛祭り。
子供の頃は、お雛様を飾って雛すしを食べるのが楽しみでした。
同時に、子供心に春が来る気配を感じた事を思い出します。

我が家は息子しかおりませんので、お雛様の準備がありませんでした。
息子たちが幼稚園の頃、ポポ(犬ちゃん)、ナナ子(猫ちゃん)というペットがいました。
ポポちゃんは養女のつもりで我が家に向かい入れた女の子です。
ナナ子はポポちゃんが散歩の途中で見つけた死にそうな猫ちゃんでした。
一命を救われたナナ子は生涯ポポちゃんに連れ添っていました。Img001

そんな2匹の為に、作ったのが木目込みのお雛様でした。
息子達とワイワイ言いながら作ったのを思い出します。
ナナ子はこのお雛様がすっかりお気に入りで、髪の毛をくわえては引きずり回していました。今でもその名残が残っています。Cimg2497_640x480

毎年、このお雛様を出す度に思い出していますが、息子たちは今日が雛祭りだと言うことに気付いているのかしら?
今日一日は、美味しい雛すしを作って雛祭りを楽しむ事にしましょう。

2013年2月28日 (木)

長いお付き合い

我が家の台所用品の中に、アルミ製の古い古いおろし金があります。
その昔、相棒が持参して来た物です。
それ以来ずーと使っていますので、40年ほど使っていることになります。
初めはシャカシャカと何でも良くおろせましたが、40年も使い込むと、おろし刃もすり減ってしまい、徐々に力を入れないとおろせなくなり、汚れも目立ち、形も変形してしまいました。
ところが、このすり減ったおろし刃で山芋をすりおろすと、滑らかな、口当たりの良いものが出来るんです。
本当に滑らかで美味しいとろろ汁が出来ます。
まだ現役なんです。

最近相棒が突然入院すると言う珍事がありました。
10日間の入院で無事退院出来ましたが、あっと言う間の出来事でした。
人生の仕切り直しの時が来たんだなーと実感しました。

40年連れ添ったおろし金が教えてくれました。
これからは残された力で出来ることをして行けば良いんだなーと。

Cimg2480_800x600

2013年1月13日 (日)

産直野菜

さいたま市の片柳コミュニティセンターの農業研修センターの前の広場で、毎週土曜日と日曜日に新鮮野菜市が開催されています。
地元の農家の方達が、色んな季節のお野菜やお花等を販売しています。
値段は市価の半額程でしょうか。Cimg2179_640x480
私は家庭菜園で野菜を栽培しているので普段は自給自足です。
しかし、今年は厳しい寒さのせいか、野菜の成長が悪く、自給率が低いため時々ここに買い出しにやって来ます。
今日は珍しい物を手に入れました。
「干しなす」です。
さっと水につけて、戻しすぎないのがコツだそうです。
油で炒めて、味付けをして、戴きます。
今年はなすの収穫時期に「干しなす」を作ってみようと思います。